株式会社池下設計
成約インタビュー ダウンロード
E-BOOK DOWNLOADING

構造設計事務所を買収。戦略として“総合設計”を目指す建築設計業のM&A

経済産業省が発表した「2023年版 中小企業白書・小規模企業白書」によると、近年では戦略的なM&Aの活用件数が増加傾向にあり、「成長や新しい事業分野への進出につながる有効な手段」と報じています。

東京都で建築設計業を営む池下設計は、M&Aによって事業領域の拡大に成功した一社。社長である池下潤氏が「M&Aは成長戦略のキー」と考え、2023年3月に構造設計を手がける「創建設計事務所」を買収し新領域へ進出しました。今回は、その池下氏にM&Aを実施した理由と、M&A成功のポイントについてお聞きしました。

ご希望の方は、フォームに必要事項をご記入の上、「資料をダウンロードする」ボタンを押してください。

フォームに必要事項を入力し、個人情報保護についてご同意いただいたうえで、
「資料をダウンロードする」ボタンを押してください。
※記載いただいたアドレスへメールマガジンを配信します