事業再生・組織再編

  1. HOME
  2. 事業再生・組織再編

事業再生・組織再編

事業再生・組織再編

事業再生や組織再編においてもスモールM&Aは非常に有効な手段です。

活かすべき経営資源・事業の力を最大限に引き出すことができれば、窮地にある事業の再生も可能です。

現在好調な企業も、組織構成の見直しや事業の選択と集中を進める事で、更なる収益力の向上を果たす事が可能です。

オンデックはM&Aを活用し、本質的な事業再生・組織再編を支援しています。

事業再生

プレパッケージ型事業再生
実質的に破綻している企業の再生を図る場合、民事再生法や会社更生法などの手続による法的整理、あるいは私的整理の手続をとるケースが考えられます。それらの手続の開始前に、前もって再建をサポートするスポンサーや事業譲渡先を決めたうえで手続を進めることを「プレパッケージ型」と呼びます。
法的申立の手続等に入ると、周囲へのマイナスイメージは拭いきれず、販売先や仕入先、従業員などのマインドなどへの悪影響が生じ、せっかくの事業基盤が損なわれてしまう恐れがあります。プレパッケージ型で事前に再建計画が整理されていれば、迅速に計画を遂行でき、事業価値の劣化・毀損を最小限に食い止めることが可能になります。
経営者の「腹括り」が重要
事業再生において、活かすべき事業を確実に再生するためには、大胆でスピードある判断が不可欠です。長年育んできた事業に大ナタを振るうことは、経営者様にとっては厳しい決断です。しかしこの判断が遅れると、全て再生不能となり、従業員らも路頭に迷ってしまうことになります。経営者様の「腹括り」が非常に重要になります。
事業再生支援
再生の本質は「事業」にあります。法的な視点に偏っても、会計的な視点に偏っても、再生は成しえません。オンデックは、大局的な視点を保ちつつ「事業」を真ん中に据え、アレンジャーとして、企業様・スポンサー様との対話、各専門家の方々との適切な連携を行い、本質的な事業再生を支援します。

事業再生支援フロー

事業再生・組織再編のお問い合せ

組織再編

組織再編スキーム提案
オンデックは、企業の経営効率化、事業継承や戦略的なM&Aの円滑化、倒産隔離等を目的とし、合併、会社分割、株式交換、株式移転等の手法を活用し、お客様にとって最も有益な組織再編スキームをご提案致します。
活用手法の一例
・会社分割
企業の不採算部門を切り離して有望部門の成長性を高める場合や、他企業の同一部門をお互いに分離・統合させてスケールメリットを求める場合などに用います。

・ホールディングカンパニーの設立
ホールディングカンパニーとは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社のことで持株会社とも呼びます。メリットとして以下が挙げられます。

・グループ企業の利益集中が可能になる。
・傘下各社への権限に委譲がしやすく、経営責任の明確化及び意思決定のスピードが増す。
・新規事業の立ち上げがしやすい。
・他企業の買収、合併、グループ化(M&A)がしやすい。
・柔軟な人事制度の導入がしやすい。


組織再編支援フロー

事業再生・組織再編のお問い合せ

  1. HOME
  2. 事業再生・組織再編

お問い合せはこちら

■当社へのご相談が多い業種

各種製造業/情報通信業/運輸業/卸売業/小売業/保険業/専門・技術サービス業/飲食サービス業/生活関連サービス業/娯楽業/教育・学習支援業/医療・福祉・介護業

あらゆる業種のM&Aに対応しております。上記に記載のない業種についても、お気軽にご相談下さい。中小企業・小規模企業だけでなく、個人事業のご相談も可能です。

京商M&A市場

大商M&A市場

さかいM&A市場