M&Aコラム

  1. HOME
  2. M&Aコラム
  3. 企業評価の方法② 企業評価の手法

企業評価の方法② 企業評価の手法

 企業の評価にあたって、その方法については、絶対的なものはありません。企業評価の目的に応じた企業評価方法を選択することになります。

 相続税の支払いの際に行われる企業評価は、国税庁の定める「財産評価基本通達」に基づき評価されることになりますが、M&Aを行う際に行われる企業評価は、考え方が全く異なります。

 M&Aの際に行われる企業評価では、着目するポイントによって大きく次の3種類に分けられます。

  ①企業の保有する資産を基にする方法(コストアプローチ)

  ②企業の将来の収益性を基にする方法(インカムアプローチ)

  ③市場価値を基にする方法(マーケットアプローチ)

 これら①~③の手法の中でもいくつか評価手法があります。

 企業評価の際には、これらの手法のうち1種類のみで行うとは限らず、複数の手法を組み合わせて行うこともあります。
  1. HOME
  2. M&Aコラム
  3. 企業評価の方法② 企業評価の手法

お問い合せはこちら

■当社へのご相談が多い業種

各種製造業/情報通信業/運輸業/卸売業/小売業/保険業/専門・技術サービス業/飲食サービス業/生活関連サービス業/娯楽業/教育・学習支援業/医療・福祉・介護業

あらゆる業種のM&Aに対応しております。上記に記載のない業種についても、お気軽にご相談下さい。中小企業・小規模企業だけでなく、個人事業のご相談も可能です。

京商M&A市場

大商M&A市場

さかいM&A市場